シロアリにはご用心を!

(2021年06月10日)

こんにちは、スズユウ工務店です。

先日、お客様に「アリが出るんだけど、一度見てもらえないですか?」と声をいただき、様子を見に行きました。

するとそこにいたのは、、

シロアリ1 シロアリ2

シロアリでした。

ご存知の方も多いかもしれませんが、シロアリはアリの仲間ではなく、ゴキブリの仲間です。
種類は主にイエシロアリとヤマトシロアリがありますが、こちらは後者ですね。
ヤマトシロアリは湿った場所・木材を特に好んで、浴室や台所など横へ横へと被害を進めていきます。

イエシロアリはとても狂暴で3年くらいで木材を喰いつくすと言われていますが、ヤマトシロアリはそこまで狂暴ではありません。でも放置は禁物です。
ヤマトシロアリのいるところは湿気が多く、腐りやすいところですから、しっかり駆除をして、風通しも良くしておくことが大切です。

こちらのお客様には、きちんとした専門の業者さんをご紹介して、駆除と対策をしていただきました。

 
それと、シロアリとアリの区別の方法をお伝えしますね。

シロアリとアリの区別

この図のようにシロアリは寸胴で、アリはくびれがあります。
ですので、「うわ~~っ、アリが出た!」というときは、まずはアリの胴体が3つに分かれてくびれているかを見てみてください。
くびれがない場合はシロアリの可能性が高いですので、要注意ですよ。

憩いの我が家を長持ちさせるために、湿気の多い場所などには注意してみてくださいね。

 
 

ブログの最新記事

アーカイブ

    ニュースレターの最新記事