結婚記念日

  • 結婚記念日を覚えていますか?
    いつもHPをご覧いただき、ありがとうございます(^-^)お客様でご結婚されている方、今結婚何年目か覚えていらっしゃいますか?もしくは、ご両親様の結婚記念日、お子様の結婚記念日覚えていらっしゃいますか?

    結婚記念日とは、文字通り、2人が結婚した記念の日です。この日が、結婚届けを出した日のことを指すのか、それとも式を挙げた日を指すのかはっきり決まっているわけではありませんが、どちらにせよ、夫婦がお互いに感謝し合ったり、これからも一緒に年月を積み重ねていこうという気持ちを確認し合うよい機会が結婚記念日です。

    もともとイギリスで始まった風習で、結婚5年目、15年目、25年目、50年目、60年目の5回のお祝いをしていたのが、アメリカに渡って毎年のように祝うようになりました。日本では、明治天皇ご夫妻が銀婚式のお祝いをしたことから広く一般に行われるようになったといわれています。
    25年目の結婚記念日が銀婚式と呼ばれるように、結婚記念日には年ごとに名称がついていてそれぞれ意味があります。例えば、銀婚式には銀のアクセサリーを贈るというように、その名称にちなんだものをプレゼントすることが多いです。また、銀婚式や金婚式といった大きな節目には日本では子どもや孫たちが計画してお祝いの式を設ける事も見うけられます。

    結婚記念日 年ごとの名称とその意味

    1年目   紙婚式       将来の生活を白紙に描く
    2年目   木綿婚式(わら婚式) 質素倹約を意味し、贅沢を戒める
    3年目   革婚式       そろそろ倦怠期  革のように粘り強く
    4年目   花婚式       花が咲き、実がなるように
    5年目   木婚式       夫婦がやっと一本の木のようになる
    6年目   鉄婚式       鉄のように強い人生を
    7年目   銅婚式       家族、財産の安定を銅にたとえて
    8年目   ゴム婚式      二人の生活に弾力性を
    9年目   陶器婚式      陶器を扱いように、二人の生活を大事にして
                    ヒビが入らなかった事にたとえて 
    10年目  錫婚式       スズのように美しさと柔らかさを兼ね備えて
    11年目  鋼鉄婚式      鋼のように強い愛の力で結ばれて
    12年目  絹婚式       絹のようにきめ細やかな二人の愛情
    13年目  レース婚式     さらに深くあやなす愛の証し
    14年目  象牙婚式      象牙のように年齢を重ねて輝く価値
    15年目  水晶婚式      透明で曇りのない水晶のような信頼
    20年目  磁器婚式      年代とともに値打ちが増す磁器のような夫婦
    25年目  銀婚式       結婚生活の一区切り いぶし銀の美しさ
    30年目  真珠婚式      富と健康を表す海の宝石にたとえて
    35年目  珊瑚婚式      長い年月を経て成長する珊瑚にたとえて
    40年目  ルビー婚式     深赤色のような二人の深い信頼と誠意 
    45年目  サファイア婚式   誠実と徳望で結ばれた結婚生活 
    50年目  金婚式       金色の輝きを得たという豊かさを表す大きな記念日
    55年目  エメラルド婚式   深く静かで尊い夫婦の生活
    60年目  ダイアモンド婚式  長寿と一族の繁栄を意味する最高の結婚記念日
家づくりについてのご質問はお気軽に!